ここから本文です

お知らせ

メール相談室の中止
いつもたくさんのご相談をいただきありがとうございます。
誠に申し訳ありませんが、メール相談室を一旦ご利用中止といたします。

再開の際は、このお知らせ欄にてご連絡いたします。
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

目からウロコの子育て術!  < 思春期を上手に生かす秘訣 >にようこそ(^_^)/

What's New

『親自身が自立をする』

『親自身が自立をする』

親と言えば立派な大人ですから
自立をしていて当たり前だと思うでしょ。

でも、周囲を見渡すと
自立をしていない人がたくさんいます。
›続きはこちら

『すべての敗北、 悲嘆、損失にはそれぞれ原因があり、 次なる業績向上のためのレッスンを含んでいる。』

『すべての敗北、
悲嘆、損失にはそれぞれ原因があり、
次なる業績向上のためのレッスンを含んでいる。』

オグ・マンディーノ
›続きはこちら

『子どものウソを見破る法1』

 

『子どものウソを見破る法1』

人は疑いをかけられた質問に対してどう答えるかでウソかどうかが分かります。

たとえば「浮気しているでしょ!」
と聞かれた夫が(妻というのもありますが(^^;))
›続きはこちら

『よく見て話をする』

 

『よく見て話をする』

長年子育てをしているお母さんはさすがです。

「ただいま」の声が暗い
…何か嫌なことがあったな

弟や妹へのあたりがいつもよりキツい
…ストレスがたまっているな

›続きはこちら

『子どもの話を傾聴する』

 

『子どもの話を傾聴する』

傾聴とは耳を傾けて熱心に聞くことです。
ただ聞くのではなく、
アイコンタクトをとり、
相づちをうったりしながら
熱心に聞くことが大切です。
›続きはこちら

『Men are not against you; thy are merely for themselves.』

 

『Men are not against you;
thy are merely for themselves.』

Gene Fowler

「人はあならに反対なのではなく、
自分に賛成なだけなのだ」

ジーン・ファウラー
›続きはこちら

『知っているだけじゃダメ』

 

『知っているだけじゃダメ』

自転車の乗り方を本で読んだり、
人に聞いても実際に乗ることはできません。

人によって程度は違いますがある程度の練習時間が必要です。
›続きはこちら

『発見の最大の障害は無知ではない、 知っていると勘違いすることである。』

 

『発見の最大の障害は無知ではない、
知っていると勘違いすることである。』

ダニエル・J・ボースティン
›続きはこちら

『叱る目的を考える』

 

『叱る目的を考える』

子どもを育てたり教育をしていく上で
「叱る」という行為が必要な時があります。

でも、その目的を考える人はどれだけいるでしょう?
›続きはこちら

『三つ叱って五つほめ、七つ教えて子は育つ』

 

『三つ叱って五つほめ、七つ教えて子は育つ』

言葉通り、子どもは少し叱って多くほめ、
たくさん教えて育てるのがいいということです。

特に幼少期には有効だと思います。
›続きはこちら

ページトップへ