ここから本文です

お知らせ

メール相談室の中止
いつもたくさんのご相談をいただきありがとうございます。
誠に申し訳ありませんが、メール相談室を一旦ご利用中止といたします。

再開の際は、このお知らせ欄にてご連絡いたします。
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

目からウロコの子育て術!  < 思春期を上手に生かす秘訣 >にようこそ(^_^)/

What's New

『親は責任持たなきゃ』

 

『親は責任持たなきゃ』

2000年の法改正で刑事処分の可能年齢が
16才以上だったものが14才以上に引き下げられました。

この法では13才の子が殺人を犯しても、
刑事責任年齢に達していないため処罰はされません。
少年法の適用を受け、せいぜい少年院送致がいいところです。
›続きはこちら

「やって見せて、言って聞かせて、やらせて見て、 ほめてやらねば、人は動かず。

 

「やって見せて、言って聞かせて、やらせて見て、
ほめてやらねば、人は動かず。

話し合い、耳を傾け、承認し、
任せてやらねば、人は育たず。

やっている、姿を感謝で見守って、
信頼せねば、人は実らず。」

山本五十六
›続きはこちら

『叱り上手、叱られ上手』

 

『叱り上手、叱られ上手』

教師現役時代、
多くの生徒の中には
叱られ上手な子もいれば、
叱られ下手な子もいました。

›続きはこちら

『子どもの行動は親向けのメッセージ』

 

『子どもの行動は親向けのメッセージ』

今までの経験やたくさんの相談事例から
ある共通点が見えることがあります。

たとえば、「家の中でお金を盗む」
これは家庭内で不満を持ち、
自分に注目をしてほしいといった時に多く見られます。
›続きはこちら

『子どもの決めることに口を出さない』

 

『子どもの決めることに口を出さない』

お笑い芸人の厚切りジェイソンさんの父親。

彼はジェイソンさんが物事を決めるとき、
「こうなりなさい」と言われたことは一度もないそうです。

口は出さず、生き方を見せるだけ。自分の人生は自分の責任ってことで。
›続きはこちら

『バカの一つ覚えをやめる』

 

『バカの一つ覚えをやめる』

子どもの顔を見れば
「勉強はしたの?」
「早くしなさい」
「ダメでしょ!」
毎日ほとんど同じ言葉の繰り返し…

これでは子どもにしてみればBGMのようなもの。
›続きはこちら

『這えば立て立てば歩めの親心』

 

『這えば立て立てば歩めの親心』

言うまでもなく、
子どもの成長を待ちわびる親の気持ちを
よく表現していることわざです。

でも、その裏にどうも成長を急ぐ気持ちが働いている気がします。
›続きはこちら

『近道しない子育て』

 

『近道しない子育て』

親であれば、
誰もが我が子の成長と
豊かな将来を望んでいると思います。

ただ、その思いが強くなると、
つい急いでしまったり結果をすぐ期待しがちです。
›続きはこちら

『子育てを辛いと言うな』

 

『子育てを辛いと言うな』

テレビの前でゴロゴロして
お笑い番組を見て笑っているのは楽しいですね。

でも、苦労して頑張ってやりとげた時には、
とても大きな達成感に包まれます。

どちらがいいとか優れているということではなく、
私たちにとって両方が大切だと思います。
›続きはこちら

『一途な愛は考えもの』

 

『一途な愛は考えもの』

2016年5月、アイドル活動をしている冨田さんが男に刺された事件で考えさせられることがあります。

それは一途な愛は考えものということです。

この男の行動を「愛ではない」と一喝することはできますが、本当にそれでよいのでしょうか。

彼のツイッター投稿の変容ぶりがすごいです。
›続きはこちら

ページトップへ