ここから本文です

『どんどん種をまいておく』

 

『どんどん種をまいておく』

子どもが思春期になって「言うことを聞かない」と嘆く親がたくさんいます。

そして、ちゃんと躾けられた子を見て言います。
「いいですね、お宅の子は…」

違います。


そのお宅は子どもが小さい時から、きちんと躾けてきたんです。

たくさん愛情を注ぎ、たくさん教え、たくさん指導して今があるんです。

当然、子どもが泣きわめいた時もあるでしょう。
子どもが反発をした時もあるでしょう。

それでも負けずに教育してきた。

だから、今、きちんとした子がそこにいるんです。

子どもが小さい時に何もしないで、成長してから無いものねだりをしてもダメです。

「えーっ 今からでは遅い!」
そんなことはありません。

思いついたときがスタートの時、今からちょっとずつでもいいので「種」を蒔いていきましょう(^^)/


ページトップへ