ここから本文です

『先生に適度な要求をする』

 

新学期が始まりました。

子どもの担任の先生、部活の顧問の先生の力を最大限引き出す方法を教えます。
①要求する
倒産する会社が優先的に支払いをする相手は何も言わない優しい取引先ではありません。

クレイマーや過度の要求は逆効果、でも物言わぬのもダメなんです。

「先生の学級たより、楽しみにしていますね。」

「うちの子、人見知りなんです。時々声をかけてやってもらえるとありがたいです。」

こんな感じで、負担にならない程度のお願いは「あなたの子」を印象付ける要因になります。

①ってことは②以降もあるんです(^_^)/

今日のコツ
『先生に適度な要求をする』


ページトップへ