ここから本文です

知っておきたい教育用語


※複数選択可能

検 索

条件を選んでボタンを押して下さい。

検索結果

『特別支援学級』

 

『特別支援学級』

昔は特殊学級と言っていました。
今は、そういった言葉の端々にうるさい時代ですね。
›続きはこちら

『就学指導委員会』

 

『就学指導委員会』
障害児の適正な就学指導を図るため、都道府県や市町村の教育委員会に設置される委員会。
›続きはこちら

『高機能自閉症』

 

『高機能自閉症』

高機能自閉症とは、3歳くらいまでに現れ、他人との社会的関係の形成の困難さ、
言葉や発達の遅れ、興味や関心が狭く特定のものにこだわることを特徴とする行動の障害である自閉症のうち、
知的発達の遅れを伴わないものをいう。
›続きはこちら

『アスペルガー症候群』

 

『アスペルガー症候群』

アスペルガー症候群とは、知的発達の遅れを伴わず、
›続きはこちら

『LD(学習障害』

 

『LD(学習障害』

学習障害とは、基本的には全般的な知的発達の遅れはないが、
聞く、話す、読む、書く、計算するまたは推論する能力のうち
特定のものの習得と使用に著しい困難を示すさまざまな状態を示すものである。
›続きはこちら

『ADHD(注意欠陥多動性障害』

 

『ADHD(注意欠陥多動性障害』

ADHDは、年齢あるいは発達に不釣り合いな注意力、衝動性、多動性を特徴とする行動の障害で、
社会的な活動や学業の機能に支障をきたすものである。
›続きはこちら

『広汎性発達障害(PDD)』

 

『広汎性発達障害(PDD)』

「場の空気が読めない」「他者に共感できない」などの社会性の問題。
「言葉のやりとりが困難で冗談がわからない」といったコミュニケーションの問題。
›続きはこちら

『自閉症(自閉性障害)』

 

『自閉症(自閉性障害)』

自閉症は発達障害の中のひとつで、広汎性発達障害に分類されます。
›続きはこちら

『チック症』

 

『チック症』

随意的な運動をすべき筋肉が、突然不随意的で無目的なな運動を急速に繰り返すものをいう。
›続きはこちら

知識基盤社会

 

『知識基盤社会』

平成17年の中央教育審議会答申「我が国の高等教育の将来像」で示された言葉で、21世紀は、いわゆる「知識基盤社会(knowledge-based society)」の時代であると述べている。
›続きはこちら

ページトップへ