ここから本文です

思春期の子に接する秘訣


※複数選択可能

検 索

条件を選んでボタンを押して下さい。

検索結果

『子どもを使う』

 

『子どもを使う』

夏休みに子どもが家に一日中いても大変にならないコツ、第二弾です。

それは子どもを上手に使うこと。

ただ、「使う」という発想ではきっとうまくいきません。
›続きはこちら

『家庭全体の生活リズムを変えない』

 

『家庭全体の生活リズムを変えない』

まず第一の違いは生活リズムをどうするかということ。

ダメな親は子どものペースに乗せられて生活リズムがズタズタです。
›続きはこちら

『子どもの自殺を防ぐ』

 

『子どもの自殺を防ぐ』

これは言葉にすれば簡単ですが、実際はとても難しいことです。

まず、子どもはどんなに酷い親でも、基本的にはお母さん、お父さんが大好きです。

大好きな親に心配をかけたくないので、ギリギリまで頑張って、その頑張った糸がプツンと切れて…
›続きはこちら

『どんどん種をまいておく』

 

『どんどん種をまいておく』

子どもが思春期になって「言うことを聞かない」と嘆く親がたくさんいます。

そして、ちゃんと躾けられた子を見て言います。
「いいですね、お宅の子は…」

違います。

›続きはこちら

「緊張感をもっていきましょう。」

 

「緊張感をもっていきましょう。」

ある確率です。
ア.1/10,000,000
イ.27/1000 
ウ.10/1000

何の確率だと思います?

›続きはこちら

『アイ・メッセージを使う』

 

『アイ・メッセージを使う』

 子どもがテストを持ち帰ってきて珍しく見せてくれました。

今回もあまり勉強はせず、結果は今までより悪い点数です。

そこで母親が言います。
「こんな点数しか取れなかったの?日頃勉強しないせいだよね。今度からきちんと勉強しなさい!」
›続きはこちら

『拒否の態度で聞かない』

 

『拒否の態度で聞かない』

中学生の子どもをもつ親御さんを対象にした講座を開催しました。

皆さん真剣に参加してくれて充実した講座になりました。

そこでいろんなWorkをしたのですが、拒否の態度をとる相手への自己紹介が反応良かったようです。

›続きはこちら

『無視しない』

 

『無視しない』

NG言葉の最低なものは、NG言葉ではなく、何も言わない、つまり無視です。

子どもが何かを言ってきてもそれに応えない、反応しない。

これはきついです。
まるで見捨てたも同然。
›続きはこちら

『自由にして鍛える』

 

『自由にして鍛える』

今でこそ、額を特に決めない学校もあるようですが、以前はお小遣いは○○円まで、おやつは○○円以内などとよく決めていたものです。

私が担当した学年、とてもいい動きをする生徒集団でしたので、どんどん枠を取り払っていきました。

たとえば、野外活動のおやつが話題になったとき、生徒の委員会は「いくらまでにしようか」という大人の対応。
›続きはこちら

『人との接触を増やす』

 

『人との接触を増やす』

東京目黒区の「碑文谷公園」バラバラ事件の容疑者は中学校で不登校、高校進学をするも中退したようです。

不登校そのものは別に悪いことではありません。

もちろん高校中退も同様です。

でも、中退後無職で母親と2人暮らしというのがとても気になります。
›続きはこちら

ページトップへ