ここから本文です

学校との対応


※複数選択可能

検 索

条件を選んでボタンを押して下さい。

検索結果

『一流保護者を目指す』

 

『一流保護者を目指す』

子どもに勉強を教えるのも、
部活動を指導するのも、
成績をつけるのも教師です。

その教師と敵対して
良いことは何もありません。

教師と仲良くし、
一流の保護者を目指しましょう。
›続きはこちら

『先生を理解する』

 

「なんだ今度の顧問は素人か」
「えーっ、日曜日に部活しないんですか?」
「今度の担任は部活ばかり熱心で学級のことがおろそか」

保護者は言いたい放題です。
›続きはこちら

『与える』

 

子どもの担任の先生、
部活の顧問の先生の力を
最大限引き出す方法の第3弾です(^_^)/

›続きはこちら

『先生に適度な要求をする』

 

新学期が始まりました。

子どもの担任の先生、部活の顧問の先生の力を最大限引き出す方法を教えます。
›続きはこちら

『通知表』

 

通知表には実は法的根拠はありません。

「保護者に対して子どもの学習指導の状況を連絡し、
家庭の理解や協力を求める目的で校長裁量で作成するもの」です。
›続きはこちら

もし自分の子が問題を起こしたら

 

二男が小学低学年の頃のことです。
夕方、家族が顔を合わせたところで言いました。
「今日学校で上級生の女の子とけんかになって少し怪我をさせた。
夜、先生から電話があると思う」と
›続きはこちら

対応は早く!

 

兵庫県姫路市の中学校で、中学2年生の子が体罰を受けたニュースがありました。
「またか?」という残念な気持ちで記事を読みました。
もちろん、その教師に対して情けないダメ教師という思いがあります。

ただ、親に言いたい!
›続きはこちら

ページトップへ